MLB 走塁と守備の特徴

バッティング

メジャーリーグと日本のプロ野球の違いと言えば、パワフルなバッティングやピッチャーの球の速さなどに目が行きがちですが、守備や走塁にも大きな違いがあります。

まずは守備。日本では打球の正面に入り、グローブでしっかり捕球してからスローイングするのが一般的ですが、メジャーでは打球を素手で補給し、そのままスローイングする選手が多いです。これは、考え方の違いによるところが大きく、日本では1つ1つのプレーでミスしないことが大事とされますが、メジャーリーグでは失敗を恐れず、チャレンジすることが大事と考えられています。そのため、ワンアクション少なくすることで、走者を刺せる確率を上げるため「素手で捕球」といったアグレッシブなプレーが生まれるのです。

次に走塁について。これも守備同様チャレンジ精神に溢れており、相手の守備の乱れをついて、果敢に次の塁を狙うシーンがメジャーではよく見られます。

このような考え方が、メジャーリーグに於いて「一か八か」のギャンブル的で派手なプレーが多くなる1つの要因と言えます。逆に日本のプロ野球では完成度の高いプレーが要求されるため、1つ1つのプレーが緻密かつ堅実で、職人的な「匠の技」が堪能できます。

日本精神とアメリカンスピリットの違いが、そのままメジャーリーグと日本プロ野球の野球観に表れているようで面白いです。