MLBのキャッチャーと日本との違い

打たれる

キャッチャーに関しては、MLBと日本では大きな違いがあります。MLBではキャッチャーだけではなく、ピッチャーの主導権も大きくなっています。

その時投げたいボールを中心に配球を組み立て、最初はストレートで攻めていき、後半変化球で打ち取る流れが多くなっています。そして日本ではキャッチャーにほとんど主導権があり、配球はバッターが苦手とするボールを中心に、ピッチャーに投げさせます。これらの違いの中、MLBでは打撃に強いキャッチャーが日本に比べて多いのが特徴です。

日本では2割前半の選手が多いですが、MLBは首位打者や4番を務めている、高打率のキャッチャーが多くなっています。成績が良くない選手でも2割前半の打率です。

MLB観戦

理由として高い競争力の中で、選手に選ばれることが必要だからです。MLBでは皆が豊富な経験をしており、守備の能力は高いレベルになっています。そのため他の選手に差を付けるには、どうしてもバッティングで結果を出していかなければなりません。

残念ながら日本のキャッチャーには、そこまでの競争力を求められていないことになります。それでも日本では第1線でプレーできる環境です。

もちろんキャッチャーに求められるのは、守備力が1番になります。日本の守備技術は負けていませんが、打率では差がついているのが現状です。